パレスチナは私たちの選りすぐりのオリーブの産地です。私たちのパートナーであるカナーンは受賞歴のある「Zaytounエクストラヴァージンオリーブオイル」のメーカーで、FAIR SQUARED化粧品シリーズにも使われています。

2004年にはナサール・アブファーハがパレスチナフェアトレード協会(PFTA)とカナーンフェアトレード、加工・販売会社を輸出ライセンスと共に設立しました。それ以来、何千ものパレスチナ人とその家族の生活が大きく変わりました。彼らは素晴らしいオリーブオイルを生産し、その代金だけでなく、フェアトレードプレミアムも受け取ります。オリーブは手摘みされすぐにカナーンの次の加工所へ運ばれます。搾油所は最先端技術を備えており、圧搾の際にオイルの風味や品質を保つことができます。

しかし、多くの人にとってフェアトレードはより広い意味を持ちます。「フェアトレードによって私たちは自信を持つことができます。私の生活に尊厳があることで以前よりずっと暮らしやすくなりました。生きるために私は自分の土地を売るのではなく、土地を買います。(…)この土地に投資し、農業経営者としてお金を稼いでいます。」と、オデー・アベド・アリ・アジズ・アリは7年以上カナーンフェアトレードプロジェクトの効果について長期研究を行っている社会科学者に語りました。カナーン農業経営者は共同組合に新しい収入の可能性を見つける手伝いや、マイクロクレジット融資を許可し、インターンシップや奨学金の支援をしています。

Photo credit: Canaan Fair Trade