FAIR SQUAREDウェブサイトやFAQに掲載されていない内容のお問い合わせはお問い合わせフォームからメールにて受け付けております。

広く使われている言葉「フェア」

フェアトレード関連で使用される「フェア」の意味を紹介します。

「フェア」な取引:フェアな取引とは、労働法、関税、補助金や、特にビジネスパートナーや生産者との公平な関係など、製品取引における「フェア」な態度を意味しています。

「フェアトレード」:貧困のない社会のために持続的な発展を目指す公平な取引活動全般を表し、他のフェアトレード認証ラベルを付けている(FLOの他にも認証機関があります。)団体や企業、またはフェアトレード認証ラベルはつけていなくても、フェアトレードの基準を独自に遵守している団体や企業を意味しています。重要なのは、従来の世界貿易のシステムを変え、生産者を支援するといったフェアトレードの本質的な基準を満たしているということです。

「フェアトレードラベル運動」:国際フェアレードラベル機構(FLO)や、ラベル認証機関、フェアトレードマーケティング団体やフェアトレード生産者ネットワークの活動を表しています。フェアトレードラベル運動はFLOの国際フェアトレード基準を満たす生産者とトレーダーを認証する活動です。
フェアトレードの意味

フェアトレードの中心には発展途上国に住んでいる人々がいます。目標は小規模農家や労働者を支援し、世界市場での彼らの立場を向上させることです。フェアトレードラベル機構の基準を満たしている製品だけがフェアトレード認証ラベルをつけることができます。いくつかの重要な基準は以下のものです。

・労働者・収穫者・製造者の生活や、労働条件が持続的に向上されるために、彼らは保証された最低賃金を受け取る。

・生産者には、彼らの製品が公平な価格で売られることが保証される。

・フェアトレード価格は最低でも生産コストをカバーし、それによって生産者が彼らの生活水準を維持できなければならない。

・健康に害を及ぼす方法、強制的労働、差別、搾取的な児童労働は禁止されている。

・生産者グループは井戸や学校教育、医療ケアなどの地域社会のプロジェクトを行うことができるようにフェアトレードプレミアム(奨励金)を受け取る。

・生産者は長期的取引関係によって将来の計画を立てやすくなる。

・フェアトレード生産者は有機農業へ転換する際に支援を受け、オーガニック製品には上乗せ価格が支払われる。環境的基準は化学殺虫剤や化学物質の使用を制限し、遺伝子組み換え種子を禁止している。

・会話、透明性、お互いの尊重によって国際取引でのフェアトレードに平等性をもたらす。

・消費者は購入を通して個人で開発援助や貧困の克服などに貢献することができる。

目標は、一人一人が責任のある消費をすることで、発展途上国の貧困の削減に寄与することです。フェアトレードは倫理的な取引、持続可能性や透明性を意味しており、生産者と消費者の間に橋を架け渡します。フェアトレード認証製品の購入によって農家家族の生活の持続的な改善に貢献することができます。
現在70ヵ国以上の1,300万の小規模農家と労働者がフェアトレードによって利益を得ています。
なぜフェアトレード認証ラベルがなく、「フェアトレード」とかかれている製品があるのでしょう?

いくつかの団体は長くフェアトレードに参加していますが、その団体の多くはフェアトレード認証ラベルができる前に設立されています。また、工芸品などのまだ国際フェアトレード基準ができていない製品を提供している企業や団体もあります。

フェアトレードという言葉を使うことに基準はありません。フェアトレードと書かれている製品がどのような基準を満たしているのかを確認することは大切です。
フェアラベル機関

国際フェアトレードラベル機構(FLO)はラベル認証機関(NFO)の統括団体です。この団体は多くの異なったラベルやフェアトレード基準をまとめるためにドイツのボンで設立されました。FLOは二つの分野からできています。
・国際フェアトレードラベル機構(FLO)はフェアトレード認証取得のための条件や基準を設定します。

・フェアトレード認証専門会社(FLO-CERT)・FLO認証はFLO-CERT方針が守られているかを監査します。これは、「フェア」と書いてある製品が本当に「フェア」なのかを確認するために大変重要です。

国際的なフェアトレードシステムには現在、3つの生産者ネットワーク、25のラベル認証機関とFLO、FLO-CERTがあります。ラベル認証機関は各国にあり、例えばドイツではトランスフェア(TransFair)で、スイスではマックスハベラー財団(the Max Havelaar Foundation)、オーストリアではフェアトレードオーストリア(Fairtrade Austria)です。生産者ネットワーク組織には中南米・カリブ海地域ネットワーク(CLAC)、アフリカ・中東地域ネットワーク(AFN)、アジア・太平洋地域ネットワーク(NAP)があります。

フェアトレードフォーラム(Forum Fairer Handel)によると国際フェアトレードラベル機構(FLO)の認証ラベルは最も有名なものであり、フェアトレードの中で最も厳しい認証のひとつとされています。フェアに作られた製品やフェアに作られた原材料が含まれた製品が認証されます。たとえばコーヒーやバナナ、綿、化粧品、宝石、また木や金などの原料です。

フェアトレードは具体的にどんなことをしているのでしょう

国際フェアトレードラベル機構(FLO)はドイツにあるNPO組織であり、国際フェアトレード基準の設定、生産者グループの支援を行っています。国際フェアトレードラベル機構はラベル認証機関(トランスフェアなど)と生産者ネットワークの統括団体です。国際フェアトレード基準は全てのフェアトレード生産者と労働者に当てはまります。製品にフェアトレード認証ラベルがついているトレーダーと企業は国際フェアトレード基準を遵守しなければいけません。それは輸入・輸出組織、ライセンシーなどにも当てはまります。

国際フェアトレードラベル機構(FLO)は生産者のフェアトレード認証取得準備や、協同組合にマーケット開拓の支援等を行っています。その際、国際フェアトレードラベル機構は現地の生産者のもとにいる「リエゾンオフィサー(生産者支援スタッフ)」とともに活動しています。彼らは講習会や認証についての相談やトレーダーとの連絡において支援を行っています。
国際フェアトレード基準

経済と社会、環境はフェアトレード基準の3つの柱です。それらをもとに、公平な取引が行われます。全ての生産者とトレーダーがこの基準を遵守してようやく、その製品にフェアトレード認証ラベルをつけることが許されます。

この基準は世界の途上国のプランテーション労働者のような小規模農業者の生活の質を持続的に向上させるためにつくられました。

基準の開発は国際フェアトレードラベル機構の基準委員会によって行われます。基準は生産者やトレーダー、専門家と一緒に設定されます。

国際フェアトレード基準は中核(core)項目といわゆる発展(development)項目からなっています。中心指標はフェアトレード認証をつけるために生産者グループが満たさなければいけない指標です。最初の認証のあと生産者グループは開発指標を満たさなければいけません。これはさらに進んだもので、組織と生産者グループの労働条件を改善することや、持続的な環境保全を目標としています。
FAIR SQUARED製品のフェアトレード認証

フェアトレードの対象となっている原料がある場合はフェアトレード認証原料を使用しなければいけません。それは、化粧品の場合、世界のどこかに化粧品用として価値のあるフェアトレード生産者のアプリコットオイルがあるのならば、それを使用しなければいけないということです。

しかし現在、まだFLO認証がない化粧品原料もあるため、公平に取引が行われていても、製品に表記されているフェアトレード率に影響を与えられないということもあります。ローションのような肌に残ったり吸収されたりする製品は認証原料の最低含有割合が5%なければいけません。石鹸のような洗い流す製品は2%です。この数字を一目見ただけではこれは特別に「フェア」なようには見えません。

水は化粧品の90%の含有量を占めますが、フェアトレードされることはありません。そしてフェアトレードの含有量は湿重量で量られます。もし水が計算に含まれなければ、フェアトレードの割合は必然的に高くなるでしょう。残念ですが、これがフェアトレードの規則です。水なしではFAIR SQUARED化粧品は平均で35%以上ものフェアトレード認証原料を含んでいます。高品質の化粧品を作るために他の自然原材料も使われていますが、現在FLOでまだフェアトレードラベル認証とされていないものもあります。
フェアトレード生産者とトレーダーの監査

生産者団体にはフェアトレード認証を取得した後も毎年1回、監査が行われます。フェアトレード認証は3年に1度更新され、広範囲な検査が実施されます。

FLO-CERT認証機関は生産者やトレーダーがフェアトレード基準に従っているか、社会・経済・環境基準が満たされているかを現地でチェックします。FLO-CERTは生産者団体がフェアトレード最低価格とフェアトレードプレミアムを受け取っているかも確認します。

FLO-CERTは国際フェアトレードラベル機構から独立した国際認証機関です。フェアトレード基準に従って115か国以上で生産者とトレーダーの認証を行っています。検査官はフェアトレード基準が守られているか、現地との距離を保ちながら検査しています。
お金は生産者まで届きますか?

まず、FAIR SQUAREDは定期的にFLOによって監査されているフェアトレード生産者より、公平に取引された原材料を仕入れます。その際はフェアトレード最低価格だけでなく、労働者やその家族の生活を向上させるためのプレミアムが上乗せで支払われます。

フェアトレードのお金が該当者に確実に行き届いていると消費者が確信できるために、国際フェアトレード認証(FLO)の外部からの監査は全ての認証組織にとって重要です。フェアトレード認証ラベルは付いていないけれども、「フェアトレード」や「公平に取引している」と書かれた製品もありますが、それらはどういった基準をクリアしているのかは不明確です。国際フェアトレード認証ラベルがついていることはその国際基準をクリアし、基準を遵守しているということを表しています。
フェアトレードへの批評

様々なフェアトレード認証活動があり、フェアトレード活動も日々変化する世界政策に影響を受けているため、消費者が取引が本当に公平に行われているかを疑ってしまうのは避けられないことです。

言われることの多い意見や批判について紹介いたします。これは短く包括的にまとめたものです。詳しくはFLOまたはMax Havelaarのウェブサイトを参照してください。

・生産者の認証コストが非常に高く、顧客ができる前に支払わなければなりません。何度も独自の認証ラベルをつくる認証者が結局利益を得ているのではないでしょうか。
私たちの答え:フェアトレードシステムでは経済的に弱い生産者や協同組合へ認証取得を可能にするための経済的支援を行っています。

・農家はフェアトレード上乗せ価格の一部しか受け取らないのでは。
私たちの答え:ヨーロッパでの取引は流通機能のために高い純利益が必要となることはもちろん批判されるかもしれません。しかし、フェアトレード農家にとって大事なのは、より多くの原材料を売るということです。また、そのために農家もヨーロッパで多くのトレーダーが必要となります。ヨーロッパのトレーダーもよく組織化されていなければ純利益を簡単に得ることはできません。というのも、費用を合わせて計算すれば、通常売上からはあまり残らないからです。

・独自の判断で「フェア」と名乗るメーカーは全ての製品や製品シリーズではなく、一つの製品のみを認証させることができます。
私たちの答え:そうです。しかし、消費者が最終的にその製品の提供者を信用できるかどうかを決めなければなりません。

・フェアトレード最低賃金をもらうことができない出稼ぎ労働者もいます。
私たちの答え:この問題はフェアトレードシステムで現在改善に向けて取り組まれています。FAIR SQUAREDでは現在これに当てはまるパートナーはいません。